【発刊されました】『Chance!!」vol.10(2020夏号)

日本で初めて刑務所の中にカメラを入れたドキュメンタリー映画『プリズン・サークル』。これを撮影・編集したドキュメンタリー映画監督・坂上香さんのインタビュー記事を担当しました。

罪を犯す人の多くが過去に「被害者」だった経験があるそうです。そして監督ご自身も被害・加害の経験があることから、「犯罪」や「矯正施設」をテーマに映画を取り続けていらっしゃいます。

緊急事態宣言が出される前に映画館で『プリズン・サークル』を観てきました。これまでも私は「人は環境で作られる」と信じてきましたが「犯罪も環境で作られる」ことがよくわかる映画でした。

虐待や暴力は連鎖する。今年4月から「体罰禁止」の法律が施行されたことはとても喜ばしいことだと思います。

※ HPから最新号の記事がPDFで読めます。


0コメント

  • 1000 / 1000